税理士法人清水会計 in 姫路・奈良

継続は力なりを英語で表現してみた

「継続は力なり」とは、継続すること、弛まず挫けずに続けていくことの大切さを端的に表現したもの、 であるとか、継続すること自体がその人の持っている力(能力)だという意味もあります。 継続は力なりといっても、それだけでは意味...

自計化とは?~メリット・デメリット

計化とは自社で経理業務を完了することです。メリットはスピード感をもって経営判断できること、デメリットはコストや時間ロスがあるということ。大会社は全部自計化しています。要はやるかやらないかです。経営者が会計や税金に関心を是非持ってもらいたいです。

教育資金の一括贈与の特例と3つの注意点について

教育資金贈与の特例についてその概要と注意点について解説しています。贈与を受ける人は30歳までの人で一括で1,500万円までが非課税になります。ただし、使い切れないと贈与税を納めることになります。子や孫の将来に役立つ制度です。上手く使ってください。

決算賞与の損金処理~3つの要件と注意点について

決算日後に臨時で決算賞与を出しても費用にできるでしょうか?結論は決算日後に従業員に対する臨時の決算賞与は費用(損金)にできます。ただし、クリアすべき3つの要件があります。また未払処理した決算賞与は必ずと言いていいぐらい税務調査で調べられます。よって正しく理解して処理しましょう。

中古住宅と増改築の要件について~住宅ローン減税と住宅取得資金贈与の非課税特例

住宅ローン減税と住宅取得資金贈与の非課税特例の適用を受けるための中古住宅と増改築の要件について解説します。中古住宅は取得の日以前20年以内に建築されていることが必要です。増改築の場合は最低100万円以上の工事でなくてはなりません。その他、耐火耐震基準なども満たす必要があります。

住宅取得資金贈与の非課税特例について

住宅取得資金の贈与の非課税は、親や祖父母から20歳以上の子や孫が受け取った場合に要件を満たせば特例として認められます。対象は住宅の新築、取得や増改築のための資金です。面積や居住開始日の要件もあります。最も需要なのは非課税の適用を受けるための贈与税の申告をすることです。

住宅ローン減税について

住宅ローンを使って住宅の新築、中古住宅の取得、増改築等を行い、令和3年12月31日までに居住を開始した場合は、居住を開始した年を含む以後10年間(又は13年間)の各年度において所得税の住宅ローン控除(減税)を受けることができます。