税理士法人清水会計 in 姫路・奈良

個人が株式を売却した時の税金はどうなるの?

Pocket

個人が株式を売却することによって利益が出た場合、他の所得とは分離して所得税がかかります。

これを分離課税といいます。

具体的には、株式を上場株式とそれ以外の一般株式に区別します。

上場株式と一般株式を別々に計算します。

株式譲渡益(譲渡所得)の計算方法

上場株式の譲渡所得の計算方法

譲渡価額ー必要経費(取得費+委託手数料等)=上場株式の譲渡所得

一般株式の譲渡所得の計算方法

譲渡所得ー必要経費(取得費+委託手数料)=一般株式の譲渡所得

譲渡益計算上の注意点

株式の売買では利益が出るとは限りません。

① 上場株式で譲渡損が出た場合は、上場株式の譲渡益と相殺して申告できますが、

一般の株式譲渡益とは相殺できません。

② 同様に、一般株式で出た譲渡損は、一般株式の譲渡益とは相殺できますが、

上場株式の譲渡益と相殺できません。

株式譲渡益の税率

税率は以下の通りです。

区分税率
上場株式の譲渡所得20.315%(国税15.315%、住民税5%)
一般株式の譲渡所得20.315%(国税15.315%、住民税5%)

確定申告でできることとの関係

①上場株式の譲渡所得が出ている場合、

特定口座で源泉ありの場合、申告不要です。

一般口座や特定口座で源泉なしの場合は確定申告が必要です。

②一般株式の譲渡所得が出た場合はは必ず確定申告が必要です。

③年間通して譲渡損の方が多かった場合、

上場株式の利子や配当と相殺できます。

それでも損失を引き切れない場合は、

3年間損失を繰り延べることができます。

いずれも確定申告が必要です。

参考URL:国税庁№1463