税理士法人清水会計 in 姫路・奈良

心地よい経営を目指して

Pocket

我が社は社員全員が「この会社で働けて幸せです」と言ってもらえる会社を目指します。

企業経営の目的と手段

企業経営の目的は、働いてくれている社員を幸せにすること。

会社の売上や利益は手段である、企業の成長も目的実現のための手段である。

利益とは何か

利益は社員を守るためのコストである。

決して利益を余っているものとは考えません。

利益を蓄積することによって災害、事故などから社員を守ります。

利益の蓄積は現預金で行います。

人件費とは何か

幸せを求めて働く社員たちの労働の対価である。

人件費の支払は我が社の経営理念である、つまり目的である。

我々は社員の数が増え、人件費が大きくなることに喜びを感じます。

雇用の創出は最大の社会貢献であり、我々の誇りです。

まとめ

企業経営は大きさではなく、社員の幸せを追求するべきである。

コロナ禍の今、企業経営の目的と手段を改めて確認してもらいたいと思います。