税理士法人清水会計 in 姫路・奈良

環境整備とは何ですか?(4)

Pocket

環境整備とは、仕事をやり易くする環境を整えて、備えることです。

今回はその3回目「清掃」です。

前回まで、「整理」、「整頓」についてお話ししました。

それでは環境整備でいう清掃について解説していきます。

参考までに、整理はこちら、整頓はこちらを見ておいてください。

環境整備でいう清掃とは

環境整備でいう清掃とは「行動する」ことです。

清掃は掃除と考えてもかまいません。

普通にいう掃除は、部屋全体をまんべんなくキレイにするイメージです。

しかし、

環境整備の掃除は、

今日はここと決めたところ徹底的にキレイにする、磨くです。

環境整備の清掃(掃除)の仕方

なんとなく掃除をしているとあまり考えずにやってしまいます。

しかし、環境整備としてやるとなると、

掃除の範囲をまず決めます。

例えばある場所を1週間交代で掃除するとしたら、

まず、決めた範囲を1週間で終わるスケジュールを立てます。

今日はここ、明日はそこという具合に、毎日の掃除する箇所を決めます。

後は行動するのみで、決めた範囲を確実に1週間で終えます。

なんとなくするのではなく、考えて行動することが重要です。

清掃(掃除)することによる効果

環境整備の清掃(掃除)をすることにより、普段の仕事に一定の効果が期待されます。

(効果1)

段取りをしてから取りかかるようになり、生産性が上がる。

(効果2)

徹底してやっているので、やっている中で気づきが得られる。

(効果3)

その日の仕事を決めて完了させていくので、毎日達成感が得られる。

まとめ

環境整備は毎日続けることが大切です。

普通の掃除ではなくて、環境整備の清掃(掃除)を毎日続けましょう。

行動しましょう。

毎日、一生懸命やっていると自然と身についていきます。

うちの事務所では、朝礼の後、環境整備を毎日全員で実施しています。

仕事の生産性や満足度も上がって、おまけに事務所もキレイになるなら

やらない理由はないですよね。